アコースティックギター 初心者の方へ

こんにちわ!このサイトはアコースティックギターを初めて演奏するとかやってみたいという初心者の方に向けて作成しているサイトです。

 

もしこれから本格的に始めるという場合であれば参考にしてみてください。

アコースティックギター初心者におすすめなメーカー

アコースティックギターを始めたいと思っても、まず最初に悩むのがどのギターを買えばいいのかというところです。様々なメーカーから様々なギターが発売されていて、値段もピンからキリまであります。

 

初心者の人はまずは値段の安いギターを選ぶのが無難ですが、同じような価格のものでも音の良し悪しがあるので、できればいいものを買いたいものです。

 

初心者の人におすすめなのはモーリスのアコースティックギターです。

 

モーリスは1967年創業の国産ギターメーカーで、70年代のフォークソングブームの折には多くの一流シンガーが愛用していたので品質は折り紙付きです。

 

特別安さを売りにしているメーカーではないですが、3万円以内で買えるギターも多くあるのでその中から選ぶとよいでしょう。

 

アコースティックギター初心者の曲選び

アコースティックギターを始めても基礎練習だけでは楽しくありません。初心者でも何か曲を練習して、一曲弾けるようになって音楽を奏でる達成感を感じたいものです。

 

お勧めの楽曲は様々ありますが、スキマスイッチさんやコブクロさんの楽曲のうちポップなものが特にお勧めです。そこまでコード進行が特殊ではなく、フォーミングを基礎から学べるという点が利点です。

 

認知度が高い楽曲が多く、手本となる原譜の内容を知っていることが多いのもメリットでしょう。

 

初心者にはよくバレーコード、一般にFが壁として立ちはだかりますが、数あるバレーコードの中でも頻回に使い汎用性が高く、弾けるようになると一気に演奏できる幅が広がるFを避けて通らないほうが後々のためになるでしょう。

 

女性向けアコースティックギター初心者の選び方

女性は男性と違って身体も小さく腕の長さや指の長さも短めですし、弦を押さえる力も弱いため、初心者ならば通常のアコースティックギターよりも小さいサイズのものを選ぶことをおすすめします。

 

一回り小さい物にするだけでも非常に抱えやすくなりますから、コードを押さえる際にも指や手首に余計な力が入ってしまうことを防ぐことが出来ます。

 

なによりギターが小さめだと、指の力が弱く、長さも短めな女性でも比較的簡単にコードを押さえて弾くことが可能なので、演奏の幅が広がります。

 

楽器を上達させる際に最も重要なのが、やる気の持続と楽しさです。通常サイズのアコースティックギターだとなかなか上手にコードを鳴らせない為、だんだん楽しさを感じられなくなるというケースが多くあります。

 

それよりかは、小さめのギターで弾く楽しさや基礎を学び、ある程度上達してから通常サイズのものに移行していったほうが良いというわけです。

アコースティックギターには、大きく二つの特徴があると言われます。一つは華やかな音です。他方、陰りのある渋い音です。フォークソングやカントリーには華やかな音が似あいます。代表的なブランドはマーチンです。明るいフォークソングやカントリーの弾き語りなどにはマーチンがおすすめです。D28やD35などのベストセラーは日本のフォークシンガーが使っています。暗い陰りのある渋い音は、ブルースなどが似合います。悲しみを秘めたブルースの弾き語りなどにはギブソンが代表的なブランドです。ハミングバードはピックガードに鳥が描かれていて、ベストセラーになっています。どちらかと言うと陰りのある音楽でリードギターとして使用さ...
私、35年ほど前アコースティックギターにはまりました。家の3件隣にギターを教えている先生がいらっしゃいまして、誠にラッキーでした。当時自分のお小遣いで、安いギターを買った覚えがあります。値段にして五千円位だとおもいます。楽器屋さんも沢山ありましたし。今現在では、リサイクルショップも普及しましたので自分好みのギターが安く買えるのではないでしょうか?私も、また初めてみようかな?さてさて、指がコード覚えて要るでしょうか。
音楽を趣味としている人は、年々多く見られるようになりました。その中でも特に人気を集めているのが、アコースティックギターです。アコースティックギターを演奏する際におすすめの曲としては、ノリの良い軽快なテンポのものを選ぶと安心といえます。誰もが知っているようなアップテンポな曲調は、聞いている人も一緒に楽しむ事ができる点が魅力的です。また、アコースティックギターの哀愁を感じさせるような独特の音は、弾き語りに向いている曲を選ぶと最適といえます。家族の大切さを奏でるヒット曲もアコースティックギターにぴったりの素敵な曲として多くの人々からも選ばれているのです。このように、コードがわかりやすく初心者でも奏で...
アコースティックギターのピックアップにはそれぞれ一長一短があり、比較することは非常に困難です。アコースティックはエレキに比べて非常に共鳴が大きな楽器になります。その共鳴をクリアに増幅することができるかといった問題や、弦振動をうまく収集することができてもハウリングの発生につながる場合もあります。アコースティックギターのピックアップは自分の演奏スタイルやジャンルを考えながら、自分の使用ギターで音を出しながら比較することが重要です。
アコースティックギターを演奏する際には、自分で音の調整が簡単にできるピックアップが便利です。ピックアップは種類によっても異なりますがその取り付け方としては、直接サウンドホールからケーブルを出すタイプは取り付けも非常に簡単です。しかし、エンドピンから出力するタイプの場合にはアコースティックギター本体に穴を開けることが必要となります。さらに、コンタクト型ピックアップはギターボディに貼り付けますのでとても簡単で初心者にも適しているといえます。このように、種類によってピックアップの取り付け方は違います。それぞれのメリットを比較して慎重にギターを選ぶと満足のいく仕上がりを実現できます。自分の好みの音源や...
アコースティックギターの練習曲として最もポピュラーなのは「禁じられた遊び」という曲です。1952年に公開されたフランス映画で使用された曲で、ギター演奏の基礎のひとつであるアルペジオ演奏を練習するのに最適な曲として広く利用されています。同タイトルは日本国内における著作権保護期間が切れており、著名な既存曲でありながらもパブリックドメインとなり無料または安価にスコアを入手できるのも大きな要因です。曲の大半は1小節に9音の3連譜と1音の全音符という旋律が連続して展開しており、比較的簡単にテンポをキープしながらアコースティックギターの基本である弦の押さえ方を身につけ、アルペジオ演奏を習得する事ができます...
アコースティックギターは、6本のスチール弦が張られており、ピックや指で弾くことでサウンドホールからボディへと音が反響し音を出すことが出来ます。一般的には「スーパーライト」「ライト」「ミディアム」の3種類の弦があり、前者から後者になるほど弦が太くなります。つまり「ミディアム」は、押さえる時に一番力が必要と言うことです。ギターをしていると徐々に指先の皮膚が硬くなり、押さえやすくなりますが、初心者の人は指先の痛さで挫折してしまう場合もありますので、始めは「スーパーライト」の柔らかいものから始めるのがおすすめです。
アコースティックギターには3種類の弦があります。一番細くて柔らかく、初心者にも扱いやすいのが「スーパーライトゲージ」です。高い音が響く特徴があります。「ミディアムゲージ」は、一番太くて硬いため、弦を押さえるためには力が必要となります。重低音な音が響く特徴があります。最後に「ライトゲージ」ですが、他の2種類の真ん中の特徴があり、多くのギタリストに愛されています。自分に合った弦を見つけるためには、ショップの店員にアドバイスを貰うのも良いでしょう。
アコースティックギターには、大きくマーチン系とギブソン系があります。いずれも歴史の古いメーカーです。マーチン系は元祖マーチンをはじめとしてヤマハなどの国産の製品がマーチンを手本に作られています。音の特徴は小さなオーケストラと形容されるように華やかだと言われます。フォークソングで弾き語りをする場合に威力を発揮します。一方、ギブソン系は、主にアメリカで主流で、エピフォンなどがギブソンを手本に作られています。ギブソン社はエレキギターメーカーとしても有名ですが、元々はブルースなどに特化していました。ですから、音はマーチン系とは真逆で渋い陰のある音がします。ブルースを弾き語りするような場合に威力を発揮し...
アコースティックギターでおすすめしたいメーカーはYAMAHAで、YAMAHAのアコースティックギターは初心者や中級者が選ぶことが多く、最初の1本に選ぶには理想的なメーカーとなっています。YAMAHA独自の内部機構でコンパクトなボディでありながら中低音も迫力のあるサウンドを実現しており、初心者でも弾きやすい形状となっているので、最初に何を買ったらいいか迷ったり分からなかったりしてる人には特におすすめです。とりあえずどれを選んだらいいか分からないのであれば、楽器屋で試しに弾いてみるのもいいでしょう。